読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオパ&熱帯魚 飼育記録帳

ヒョウモントカゲモドキの飼育とアクアリウムのブログ

陰性水槽レイアウトを修正

アクアリウム

こんばんは!

 

今日はほぼ半日使って水槽のレイアウトをいじりました!

構想を練ってる時は楽しいけど、水草を活着させたり植えたりするのはめっちゃ大変ですね(笑)

 

変更後がこちら!

f:id:kntr5101:20170328205304j:image

 

今回は奮発して一気にいろいろ足しました。

 

左のアヌビアス地帯に流木とアヌビアスナナ、ナナプチ、手前にナナゴールデンとブセファランドラを増やしました!

f:id:kntr5101:20170328205604j:image

めっちゃ賑やかですね(笑)

ちょっとくどいかも。

 

そして後景には以前右側にあったエレオカリス ビビパラを移動し、

水草ポットにイニシャルスティックとソイルを詰め、憧れの赤系有茎草、ロトンディフォリアを植えました!

f:id:kntr5101:20170328210008j:image

ほんのりでもいいから赤く染まってくださいお願いします!

 

そして右側のミクロソジャングルには、ミクロソリウムウェンディロフを3束ほど増やしました。 

f:id:kntr5101:20170328210233j:image

もさぁっ・・・

 

え、これ密着させ過ぎてシダ病とかならんかな・・・?

まぁまだ寒いし大丈夫大丈夫。

 

あとは後景に水草ポットでハイグロフィラ ポリスペルマとウォーターバコパを植えました。

f:id:kntr5101:20170328210821j:image

f:id:kntr5101:20170328210832j:image

ちゃんと育ってくれますように!!

 

あと黄色い水が目立つのでバックスクリーンは黒に戻しました(笑)

 

 

今回いじってて思ったのは、有茎草をポット(というかソイル)に植えるのがめっちゃ大変ってことでした。

 

植え込みが甘いと水に入れてしばらくするとただのツボになってるし、

力入れ過ぎると根元でポキッと小気味よい音を立てて折れます。

 

ソイル水槽で前景、中景、後景と水草植え込んでる人マジで凄いと思いました。

 

あと、地味に少し前にルリーシュリンプが仲間入りしました!

f:id:kntr5101:20170328211643j:image

ツマツマする姿は可愛いですね!

 

レオパのケージレイアウトをいじってみた

レオパ

こんばんは!

 

だいぶ暖かくなって来ましたね。

 

今日はレオパのモンのケージをレイアウトしてみました!

 

f:id:kntr5101:20170324211201j:image

 

使ったのは、アクアリウム用の流木2本と、100均で売ってる作り物の植物です。

あとはアクアリウムで余った溶岩石を少々。

 

f:id:kntr5101:20170324211244j:image

手前にはチランジアの作り物です。

100均の造花の作りが思ったよりもよくて、お手軽に自然感が出せました!

 

f:id:kntr5101:20170324211330j:image

ゴソゴソしたので気になったのか、出て来て木登りしてくれてます(笑)

 

前は水皿とシェルターだけの超シンプルなケージだったので、ちょっと活動面積が減るかなーと心配してましたが、暖突で暖をとるために上に登ったりできてこっちの方が良さそうです。

 

流木を縦に置く場合は、レオパが登って崩れない程度に固定しましょう!

ブラックホールの効果は...

アクアリウム

こんばんは!

少し日にちが経ってしまいましたが、先日水槽に入れたキョーリンブラックホールのレビューです!

 

どん!!

 

f:id:kntr5101:20170312212204j:image

まずはビフォー。

 

f:id:kntr5101:20170312211927j:image

使用後1週間経った様子がこんな感じです!

 

f:id:kntr5101:20170312212237j:image

サイドビューのビフォー。

 

 

f:id:kntr5101:20170312212121j:image

アフター。

 

 

 

 

・・・うーん。

 

あまり変わってない様な、変わってるような・・・?

うちの水槽でばあまり目に見えた効果はありませんでした。

 

ただ、ネットの他のレビューとか見てると効果があった!って方も沢山いらっしゃるので、気になる方は一度使ってみるのもいいと思いますよ(^^)

 

水質がアルカリに傾くとか言われていますが、魚に直ちに影響がある程では無いと思います。

 

 

やっぱり水換えに勝るメンテナンスは無いってことでしょうかね。

 

餌の量が多過ぎても黄色く濁りやすいみたいなので、あげ過ぎに気をつけつつ、水換えのペースを守って、綺麗な水槽を目指したいと思います!!

 

f:id:kntr5101:20170312212804j:image

それでは!

 

 

 

キョーリン ブラックホールの効果

アクアリウム

こんばんは!

 

先日の更新から間も無く、アヌビアスナナゴールデンとナナプチ、それから水草ポットにソイルを入れ、バリスネリア スピラリスとロトンディフォリアを植えて追加しました!

 

気分転換に、バックスクリーンもミストタイプに変えました。

 

僕の水槽はアクリル水槽なので、接着剤などが科学反応を起こしてアクリルにヒビが入るらしいので、立て掛けられるようにホームセンターでミストになっているアクリル板を買ってきました!

f:id:kntr5101:20170301195819j:image

 

そして全体の様子は...

f:id:kntr5101:20170301195931j:image

こうなりました!

 

ここで、改めて僕の水槽は流木のアクなのか何なのか水がやたら黄色いことに気づきました。

 

後ろの壁が茶色いことを差し引いても黄色い(泣)

 

f:id:kntr5101:20170301200203j:image

横から見るとよくわかります。

 

そこで!

今回はタイトルの通り、この水を綺麗で透明な水にするために、キョーリン ブラックホールを使ってみます!

f:id:kntr5101:20170301200424j:image

 

効果がどれくらいで表れるのか、本当に透明になるのか?

期待を込めてセッティングしていきます。

 

f:id:kntr5101:20170301200612j:image

パッケージを開けて中身を取り出し...

 

三角コーナーネットで包んだら、 

f:id:kntr5101:20170301200626j:image

f:id:kntr5101:20170301200636j:image

これを括り付けて

 

f:id:kntr5101:20170301200919j:image

完成です!!

 

あとは水が集まるであろう吸水パイプの近くに目立たないように設置します。

f:id:kntr5101:20170301201059j:image

上から見るとこんな感じです!

 

果たして、効果のほどは...!?

 

後日レポートいたします!

 

陰性水草水槽のレイアウトを変えました!

アクアリウム

こんばんは!

 

今日は陰性水草中心の水槽のレイアウトを変えてみました。

今回は県内のアミーゴで流木を数本と、チャームさんで水草をいくつか購入しました。

 

いきなりですが、変更後の全体の様子がこちら!

f:id:kntr5101:20170225210704j:image

凹型構図で、アヌビアスとシダを分けて配置してみました。

 

 

寂しかった左側に流木を組み、石に活着させていたアヌビアスたちを流木に巻き直しました!

f:id:kntr5101:20170225210851j:image

奥にはカーナミンと石に活着したバルテリーを配置し直しました。

 

ナナやナナプチって単体だと地味ですけど、一箇所に集めて配置すると落ち着いた雰囲気が出ていいですね!

ポピーグラス等で水面が揺れれば、ナナの葉の上で光がゆらいでて癒されますよ(^^)

 

そして、今回購入した巻き用ピンナティフィダを流木の低い位置に3本巻き付けました!

以前右側の流木に巻いていたピンナティフィダは、位置が高過ぎたのか光がよく当たり、コケて枯れてしまったので、低い位置で再チャレンジです。

ちゃんと育ってくれるかな?

 

そして、右側はシダの森にしようと思い新しく買ったジャワファン(水上葉)2株を巻き付けました。

f:id:kntr5101:20170225212024j:image

また、石に活着させていたミクロソリウムトライデントを流木の手前側に巻き直してています。

 

細い枝状の流木は、そのままだと配置しにくかったので、適当な石に固定して置いてます(笑)

f:id:kntr5101:20170225213704j:image

 

んでもって、石にはウィローモスを巻き付け、手前にバランスを取りつつ配置しました。

 

今回は水槽の左右で違う雰囲気を出したかったので、偏った配置かも知れませんが、僕としては好きなレイアウトになりました!(^^)

 

流木でトンネルを沢山作ったので、魚がくぐってくれてると嬉しくなりますね!

 

個人的には後景をもっとモサモサさせたいので、低光量、CO2添加無しでも育てやすい有茎草(そんな都合の良いものあるのか...)を入れたいところ。

 

ロトンディフォリア辺りを、小さい鉢にソイルを入れて植えてみようかな...と画策してます(^^)

グラミーが可愛すぎる問題

アクアリウム

こんばんは!

 

最近レオパも60cm水槽も安定していて、取り立てて書くことが無くなってしまいました(笑)

 

そこで、今日は僕が特に好きな熱帯魚、ゴールデンハニードワーフグラミーに焦点を当てて、魅力や特徴などご紹介します!

 

f:id:kntr5101:20170218192603j:image

非常に愛らしい見た目と、興味のある物に胸ビレでタッチする「グラミータッチ」で人気の種ですね。

まず、この種を飼ってみて感じるのは、人に慣れるのが早いことです。

ガラス面に指を当てると胸ビレでタッチして来たり、水槽の前を通るとエサに期待して水面に上がって来たりと、魚なのに懐いているかの様な振る舞いがとても可愛いです。

 

ただ、水草のトリミングの際などもトリミングバサミに自分から近寄って来るので、間違えて胸ビレを切っちゃったりとかしない様に気をつけましょう(笑)

 

f:id:kntr5101:20170218193344j:image

泳ぎも非常にゆったりしていて、水草や流木の隙間からひょこっと顔を出すのも癒されます。

 

また、飼育の点では他種にあまり興味を示さないので、小型カラシン、エビ、オトシン、プレコなど問題なく混泳できそうです。

 

ただ、同種間では縄張りを主張して小競り合いをするので、イジメられて食欲が落ちている個体が居ないかどうか様子をチェックしてあげてください。

 

近くに居ても胸ビレでペチペチし合う程度のケンカなら問題無いと思います。

 

f:id:kntr5101:20170218195559j:image

うちでも最初はしつこく追い回し合っていましたが、慣れてくればそこまで激しいケンカをしなくなる様です。

 

どうしてもケンカを見るのが嫌な方は、同じ水槽にグラミー系は1匹だけにすると良いかも。

 

初心者向けと言われるだけあって、水質にもうるさくなく、ラビリンス器官で空気中から酸素を取り入れられるので酸欠にも強い。

そして何より可愛くて賢いという、非の打ち所がない熱帯魚だと思います!

 

僕も繁殖はまだ未経験ですが、この子達が卵を産んだら挑戦してみたいと思います!

3匹ともオスかも知れませんが(笑)

 

最後に、少しレイアウトを弄った水槽全体の様子を。

f:id:kntr5101:20170218200530j:image

 

他の魚種についても今後ご紹介していきたいと思います!

アヌビアスナナが新芽を展開!

アクアリウム

こんばんは!

60cm水槽立ち上げから早くも2ヶ月弱が経ちましたが、ここに来て嬉しい変化がありました。

 

f:id:kntr5101:20170208183913j:image

これです。

小さくて見にくいですが、アヌビアスナナが新芽を展開してくれました!

 

アクアリウムのベテランさんからすれば、「ナナが育ったくらいで」かも知れませんが、初心者からすればこういう小さな変化が凄く嬉しいのです。

 

ただ、流木に活着しているハイグロフィラ ピンナティフィダは葉が結構な勢いで枯れていってます。

f:id:kntr5101:20170208184318j:image

根はしっかり活着してて、途中まで新しい葉も出てたのに...難しい。

ハイグロ系は肥料を良く食うそうなので、液肥を入れてみようかな。

 

f:id:kntr5101:20170208184521j:image

カーナミンはどんどん背が伸びて水面に辿り着きそうだったので、トリミングして他の所に植えました。

この調子で行くとカーナミンの森ができそうなくらい、成長が早いです。

 

 

f:id:kntr5101:20170208184804j:image

水槽全体の様子はこちら。

詰め込みたいものを全部詰め込んだ感じの水槽です。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

今回は水草の様子でした!