読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオパ&熱帯魚 飼育記録帳

ヒョウモントカゲモドキの飼育とアクアリウムのブログ

ハンドリング

レオパ

モンもだいぶ環境に慣れてきたらしく、最初はシェルターに引きこもっていたのが、最近は自ら外に出たがることがあります。

 

今日はモンのハンドリング時の写真をいくつかご紹介します。

f:id:kntr5101:20161208211851j:image

ケージを開けると、こんな感じによじ登って顔を出します。

そのまま放っておくと飛び降りそうな勢いなのですぐに手でキャッチ。

 

f:id:kntr5101:20161208212026j:image

お腹やら尻尾がぷにっぷにです。

 

f:id:kntr5101:20161208212242j:image

障害物があるととりあえずペロって確認

 

f:id:kntr5101:20161208212406j:image

.......。

 

しばらくフリーズ。

 

この後、腕をよじ登って肩から背中に回られ、僕は動くに動けなくなり土下座みたいな格好で10分くらい固まってました(笑)

 

すぐ降りてきてくれてよかった。

土下座状態でもモンが視界の外に居るというだけでヒヤヒヤしました。

 

ハンドリングを始めとするスキンシップは、爬虫類にとっては多少なりストレスを与える恐れがあります。

また、落下や行方不明などの事故もあり得るので、ケージの外に出している間は絶対に注意を逸らさないようにしましょう!

 

でも、ハンドリングができることもレオパの魅力だと僕は思います。

飼育のモチベーションにもなりますね!