読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオパ&熱帯魚 飼育記録帳

ヒョウモントカゲモドキの飼育とアクアリウムのブログ

レパシー グラブパイ

レオパ

こんばんは!

 

今日はモンにあげている餌のご紹介です!

レオパって飼ってみたいけど、コオロギとかは嫌だ...って人、ご安心ください。

 

f:id:kntr5101:20161213171034j:image

 

レパシー グラブパイ〜!!

 

栄養バランスの良いゲルフードで、お湯で溶かすためレオパの胃腸にも優しいです。

 

これが発売されるまでは、爬虫類用のフードはレオパのメインフードにするにはイマイチだったそうですが、グラブパイはメインフードになり得ます。

ただし、最初からグラブパイをガツガツ食べるかどうかは個体差があるようです。

ショップによっては、グラブパイに餌付かせている所もありますので、お迎えに際して確認してみるといいかと思います!

 

最初食べなくても、慣れれば食べてくれた!というケースがほとんどだそうですが。

 

作り方ですが、粉1に対して熱湯2〜3で溶かし、ダマにならないようにかき混ぜ、常温になるまで冷ます。

これだけです。簡単(^^)

ただ、アツアツのお湯じゃないとうまく溶けないので、素早く作業しましょう!

 

 

熱湯の量ですが、微妙なさじ加減で出来上がりが変わり、レオパの食いも違う気がします。

 

うちの場合、お湯が少ないと粉っぽくなってモンがあんまり食べない気がします。

1:3でプルプルになって良く食べてくれる印象です!

 

あと、完成したグラブパイは冷蔵庫で保存し、なるべく早く使い切りましょう。

一週間くらいが限度だと思います。

 

粉自体はだいたい1年くらい冷暗所で保存できるそうです。湿気に弱いのでご注意!

 

 

できあがったら、食べやすい大きさにカットしてピンセットなどで与えます。

 

f:id:kntr5101:20161213173118j:image

いつも眠そうなのに目が倍くらい大きくなるモン。

 

食べる瞬間はうまいこと撮れませんでした...(笑)

 

モンの場合、だいたい4〜5日に一回のペースで食事ですが、一回に食べる量は小さじ1のグラブパイで作った分量の半分ほどです。

 

 

レオパを飼う上で、虫が苦手な方にとって大きなハードルとなるのが餌でしょう。

虫が大丈夫な方でも、餌のコオロギやデュビアを並行して育てるのは結構大変だと思います。

グラブパイはその点を解決してくれる、爬虫類初心者に非常にありがたいフードですね!

 

ただ、グラブパイを食べなくなった時に、生き餌を与える覚悟は必要だとは思います。

 

レオパを育てる上で、餌の時間は可愛い仕草が見れて本当に楽しいですよ!