レオパ&熱帯魚 飼育記録帳

ヒョウモントカゲモドキの飼育とアクアリウムのブログ

グラミーが可愛すぎる問題

こんばんは!

 

最近レオパも60cm水槽も安定していて、取り立てて書くことが無くなってしまいました(笑)

 

そこで、今日は僕が特に好きな熱帯魚、ゴールデンハニードワーフグラミーに焦点を当てて、魅力や特徴などご紹介します!

 

f:id:kntr5101:20170218192603j:image

非常に愛らしい見た目と、興味のある物に胸ビレでタッチする「グラミータッチ」で人気の種ですね。

まず、この種を飼ってみて感じるのは、人に慣れるのが早いことです。

ガラス面に指を当てると胸ビレでタッチして来たり、水槽の前を通るとエサに期待して水面に上がって来たりと、魚なのに懐いているかの様な振る舞いがとても可愛いです。

 

ただ、水草のトリミングの際などもトリミングバサミに自分から近寄って来るので、間違えて胸ビレを切っちゃったりとかしない様に気をつけましょう(笑)

 

f:id:kntr5101:20170218193344j:image

泳ぎも非常にゆったりしていて、水草や流木の隙間からひょこっと顔を出すのも癒されます。

 

また、飼育の点では他種にあまり興味を示さないので、小型カラシン、エビ、オトシン、プレコなど問題なく混泳できそうです。

 

ただ、同種間では縄張りを主張して小競り合いをするので、イジメられて食欲が落ちている個体が居ないかどうか様子をチェックしてあげてください。

 

近くに居ても胸ビレでペチペチし合う程度のケンカなら問題無いと思います。

 

f:id:kntr5101:20170218195559j:image

うちでも最初はしつこく追い回し合っていましたが、慣れてくればそこまで激しいケンカをしなくなる様です。

 

どうしてもケンカを見るのが嫌な方は、同じ水槽にグラミー系は1匹だけにすると良いかも。

 

初心者向けと言われるだけあって、水質にもうるさくなく、ラビリンス器官で空気中から酸素を取り入れられるので酸欠にも強い。

そして何より可愛くて賢いという、非の打ち所がない熱帯魚だと思います!

 

僕も繁殖はまだ未経験ですが、この子達が卵を産んだら挑戦してみたいと思います!

3匹ともオスかも知れませんが(笑)

 

最後に、少しレイアウトを弄った水槽全体の様子を。

f:id:kntr5101:20170218200530j:image

 

他の魚種についても今後ご紹介していきたいと思います!